乾燥肌だと思ったらアトピーだったというケースが増加中!

乾燥肌だと思ったらアトピーだったというケースが増加中! もともと何らかのアレルギーを抱えているとか、子供の頃、アトピーだったという方が、大人になってアトピーを発症(もしくは再発)するケースが多いといわれています。


目の周りがやたらと痒いとか、首に赤みがでているといった症状があれば、アトピーの可能性大です。


大人になってから花粉症になる人がいるように、アトピーもまた大人になってから突然発症します。 いろいろと原因は考えられるんですが、「ストレス」が引き金になっているのは間違いなさそうです。


というのも、ストレスを受けると、自律神経・内分泌腺・免疫といった体内バランスを調整する機能が乱れますし、 皮膚の水分量が少なくなってしまうことで、肌が乾燥して痒みがひどくなるからです。


炎症が軽微なものであれば保湿ケアだけでもよくなりますが、炎症がひどい場合は抗炎症作用のある外用薬を使って治療することになります。 いずれにせよ「根本的に治す治療法が見つかっていない」といわれているように、アトピーの症状を抑えることはできても完全に治すというのは難しいです。


常に再発のリスクがあるのがアトピーの特徴なので、ストレスなどの悪化因子を遠ざけて、規則正しい生活習慣を送ることを意識していかないといけません。


「体液」が出てなければ使えます。 アトピー肌に使える保湿クリームを特集!

都市部に住む人にアトピーが多い理由は?

都市部に住む人にアトピーが多い理由は? 大人になってアトピーを発症する人の共通項というのがあって、


注目 ストレスの多い職場で働いている
注目 都市部に住んでいる
注目 潔癖症である
注目 リノール酸過多


花粉症やアトピー性皮膚炎は都会病などといわれることもあるように、都市部と農村部に住んでいる人では 羅漢率に大きな違いがありますし、先進国と発展途上国で比べれば、もう雲泥の差があります。


日本では戦後、都市化とともに急速に衛生環境が改善されて、街が清潔になり、欧米式の食生活に変わり、自営業ではなく、 サラリーマンが主流になってきてから、アレルギー症状に苦しむ人がでてきました。


ようするに今の日本で普通の生活を送ることがそのままアレルギーの発症リスクになってしまうということなんです。 これまでは子供の頃はアトピーでも成長するにつれて、よくなっていくのが普通でしたが、最近では、思春期を過ぎても大人になってもずっと治らないというケースが増えているんだそうです。


そうした最近の事例から考えられることというのは、「生活スタイルそのものがアトピーの悪化因子そのものになっている」ということだと思います。 意識しないとアレルギーを発症してしまう社会に住んでいるって何だか怖いですけどね。


普段の保湿が大事です。 アトピー肌向け保湿クリーム<Best3>
Copyright © 2014 必見!アトピー肌向け保湿クリームランキング【顔用】 (・ω<) · All Rights Reserved·